WAFを利用して会社を守る〜セキュリティ守備班いらっしゃい!〜

システム

事前に確認をすべきこと

システム

WAFの導入を考える企業はとてもたくさんあります。実際に情報やセキュリティのことはどの企業も考えなければならないからです。導入をすることで安心感を得たいと考えている人も多くいますが、実際、本当に導入が必要なのかといえば、わかっていない企業も多くあります。なぜなら、本当にその企業のシステムに関する防御対策に問題があるかということがあるからです。もしもセキュリティに関してしっかり行なっている企業であれば、WAFを導入する必要はありません。WAFを導入するのであれば、その前にしっかり確認すべき点というのがあります。

WAFを導入する前に調べるべきこととは、まず今企業が抱えているアプリケーションがどれくらい防御できているかという点です。防御性がとても弱く、信頼することができないくらいのレベルであるというのであれば、WAFを導入する必要があります。しかし、防御性も高く、心配することが内容な防御レベルであれば、特にWAFを導入する必要はありません。そのため、まずは企業におけるアプリケーションの防御性を確かめる必要があるのです。そしてもし導入をしたとしても安心をすることはできません。運用をしていても定期的にしっかり防御力を診断しなければなりません。そのため、導入前にしても、導入後にしてもしっかり診断を行なう必要が出てくるのです。あまりセキュリティのことを考えずにWAFを導入しても、それはWAFをしっかり活用できているとは言えません。せっかく導入するのでしたら、しっかり考えてから導入をすべきなのです。