WAFを利用して会社を守る〜セキュリティ守備班いらっしゃい!〜

システム

脆弱性を考えたシステム

システム

仕事をする上で、パソコンは欠かせないアイテムとなっています。そしてそのパソコンの多くはインターネットを繋いで利用をしています。インターネットが繋がっていれば、様々なサイトを閲覧することができ、世界中にネットワークが繋がっているので、どこにいても連絡や情報共有を行なうことができます。しかし、その分危険を伴う場合もあります。通信が繋がっているという部分で、誰でも侵入をすることができますし、情報を手に入れることもできるからです。それを守るために、各企業ではセキュリティソフトを導入したりなど、様々な情報漏洩対策を行なっています。企業によっては個人情報などを扱っている企業もあるので、ネットワーク上の繋がりに注意を払わなければいけません。

ネットワークが繋がっているパソコンのシステムを守るためにWAFというものがあります。WAFとはウェブアプリケーションファイアウォールという言葉の頭文字をとった言葉です。これはどういったことができるかというと、外部からのハッキングなどによる脅威から、パソコンを守ることができるのです。ハッキングをされると、その情報やシステムが不正に操られることがあるので、大変危険です。WAFがあれば、それを事前に確認し、しっかり防御対策を取ってくれるので、とても便利なのです。最近では、様々なシステムの防御を強化している会社も増えてきています。その中でも、WAFは優れていると考えることができます。そのため、今後はもっと利用する企業が増えてくる可能性もあります。