WAFを利用して会社を守る〜セキュリティ守備班いらっしゃい!〜

システム

活用することのメリット

システム

様々なウェブアプリケーションを利用する際にWAFを利用する企業がありますが、実際にウェブアプリケーションを守るためという理由で考えるとWAFを利用する必要はありません。なぜなら、ウェブアプリケーションそのものを改修すれば良いからです。実際に改修を行えば、その問題を解決することができます。しかし、それには問題があるのです。それは時間がかかってしまう可能性があるとういことです。改修を行なうといっても、実際にどれくらいの時間がかかってしまうかは触ってみないとわかりません。そのため、長い時間をかけることになる可能性もあります。また費用も多くかかる可能性があるのです。WAFを利用するとしても費用はかかりますが、ウェブアプリケーションの改修という選択肢を選ぶと、そちらの方が費用が多くかかってしまう可能性があります。そのため、WAFを利用した方が良いのです。

WAFはウェブアプリケーションの改修よりはるかに便利です。費用や導入するにあたっての時間など、すでに決まっているものなので、大きな変更はありません。ウェブアプリケーションの改修は、場合によってはシステムを停止させる必要があったりすることもあります。そういった手間を考えると、WAFを導入した方が効率も良いのです。また、改修よりも確実な防御をすることもできます。改修作業でどこまで改善できるのかにもよりますが、WAFの防御をするレベルも定められていますので、安心感があります。